創業者 亡き父 野嵜義雄について

 
【野嵜義雄】
 

 

 
あゆととゆあたの
日進のおじいちゃんが亡くなった。
告別式で喪主のお父さんがあいさつした。

「父の事業を引き継ぎました私が、
遺族を代表してごあいさつ申し上げます。
本日は、野嵜義雄の葬儀に際しまして、
雨の中、またご多忙のところ、
故人のために、ご会葬下さいまして、
あつく御礼申し上げます。

父、野嵜義雄は、
大正15年5月1日、中区西日置町に生まれ、
昭和19年3月、愛知県立惟信中学校を卒業し、
昭和23年3月、名古屋工業専門学校
(現名古屋工業大学)電気科を卒業しました。

日立製作所、清水建設等、10の職場を変遷し、
(昭和19年6月、海軍省名古屋海軍監督官事務所、
昭和23年4月、株式会社日立製作所亀戸工場、
昭和24年6月、名古屋高等検察庁事件課、
昭和25年10月、清水建設株式会社名古屋機械工場、
昭和28年2月、栗山製作所
昭和31年4月、株式会社中部経済新聞社
昭和32年9月、株式会社白川洋行、
昭和33年6月、株式会社中島製作所
昭和33年7月、所会計事務所
昭和34年6月、枇杷島製氷株式会社)

昭和35年2月、野崎会計事務所を
名古屋市南区平子の地に開設しました。
平成13年に税理士の資格を返上するまで、
約40年税理士業を営んでいました。
(元名古屋税理士会 参与、元名古屋税理士会熱田支部 副支部長)

その傍ら、
昭和34年、英数教室を開設したり、
昭和37年、(日本初のプリント基盤の)
日本サーキット工業株式会社非常勤取締役、
昭和42年、台豊印刷電路股彷有限公司常務菫事兼総経理
昭和44年、日本サーキット工業株式会社代表取締役副社長
昭和47年、(貿易会社の)セントラル企業株式会社代表取締役
昭和49年、高源木業股彷有限公司菫事
その他、八事に輸入家具店を開店したり、
遠赤外線のエミール社を起業するなど、
いろいろな事業を手掛けました。

晩年は、我が家の歴史に関心深く、
今年5月21日から2週間、
ひとりで長江文明を勉強しに、中国を旅行してきました。
(重慶・揚子江・武漢・南京・上海・広州など)
・・・台湾には100回以上、
アメリカ・ソ連・韓国・中国・シンガポールなど海外経験は豊富。

父は、平成3年に脳梗塞を患い、
それで私が父の仕事を手伝うようになりました。
私が父の尊敬するところは、強い正義感を持っているところでした。
どんな権力にも屈しない真の正義感でした。

父は、二人だけの兄弟でしたが、
その兄(野嵜繁治)を今年8月31日に亡くし、
先週の日曜日(10月17日)に、
ここ高岳院において四十九日の法要を終えたばかりで、
その後を追うかのように、
平成16年10月23日土曜日午後10時頃、
自宅でひとりで静かに永眠しました。
満78歳でした。

生前は、みなさまより格別なご厚情をたまわり、
心より御礼申し上げます。

本日は、このような盛大なお見送りをうけまして、
故人はさぞかし満足していることと思います。
今後は、生前の故人同様、
遺族にもご厚情たまわりますようお願い申し上げます。
これをもちまして御礼のあいさつと致します。
どうもありがとうございました。」

著書・論文
著書 「我が家乗」
(平成12年5月1日刊行、424頁)

論文 「中臣氏について」
(名古屋文化史研究第一号)
   「龍門園(暮雨巷)と関わった人々」
(名古屋文化史研究第三号)

 暮雨巷  ぼうこう          
名古屋市瑞穂区陽明町 2 丁目
木造、平屋建、切妻造、桟瓦葺住宅 

・宝暦13年( 1763年) 前津の台地に沿った
瑞穂を望む地( 中区大池町前津) に、
尾張藩士老中野崎主税(兼洪)の別邸龍門園が使われなくなり、
俳人久村暁台が買い取り、修理を加え居を構えた、
暁台の俳号は暮雨巷で、建物を暮雨亭と名付けた。
 暁台は、藩士であったが、母方加藤家に養子に入り、
知多郡の在所の地名久村を名乗った。
 暮雨亭では与謝蕪村、横井也有、松村月渓などの
俳人を集め、酒を酌み交し俳論を戦わした。
・天明6年( 1786年) まで、暁台が住んだ。
その後は、持ち主が変わっている。
・大正10年( 1921年) 瑞穂区の現在地に移築。
・昭和22年( 1947年) 東海銀行( 三菱東京UFJ銀行)
が譲り受け暮雨巷とした。
・昭和38年( 1963年) 愛知県指定有形文化財に指定された。

江戸期の俳人の住宅として、貴重な建物であるとしている。
なお、暮雨巷に接している3つの茶室は、
大正期に繊維問屋中村貫之助が建てたもので、
文化財には含まれていない。

※ 久村暁台(加藤暁台)
 江戸中期の俳人。名古屋三俳人のひとり。
(横井也有・久村暁台・井上士朗)
 享保17年( 1732年) 名古屋に生まれ。
寛政4年( 1792年) 61才で没した。
 名古屋を中心に俳人として一大勢力を誇り、
二条家から中興宗匠( 俳句を盛り上げ
 た師匠) の称号を与えられた。
 テレビ塔のたもとに「名古屋三俳人句碑」があり、
暁台の句が紹介されている。
 「椎の実の板屋根を走る 夜寒かな」
 他に笠寺観音に「暁台塚」という句碑がある
「さむ空にたゞ暁の 峰の松」
暮雨巷・庭園入口暮雨巷玄関暮雨巷に至る庭園の入り口。
門を潜れば一面苔むした雑木林が広がり、
まさに別世界の趣きである。 
暮雨巷玄関。
右手に行けば四畳半席の貴人口に至る。
 現在暮雨巷の屋根は切妻造桟瓦葺、
また桟瓦葺の庇を付けているが、
大正初年の移築前(龍門園時)は
寄棟造の茅葺に桟瓦葺の庇を付けた姿であった。 
暮雨巷主室暮雨巷主室。
八畳敷で北面に一間床と一畳敷の床脇に平書院を構える。
障子を開ければ中庭の景が飛び込み、
欄間の透かし彫りと相俟ってとても美しい。
 また中村昌生氏の文を拝借すれば
「床柱(磨丸太)の作りは絶品であり、 次の間境の欄間や平書院の欄間の意匠も優れている」(数寄の家15「暮雨巷」)とある。


    「尾張藩と戊辰戦争(北越戦争)」
(愛知県護国神社)
   「尾張藩の御用水江と御用水及び御深井御堀について」
    (人間磯部巌と愛知の文化)

著者  野嵜義雄
発行者 野嵜義雄
発行所 蓬左文物研究所
住所  愛知県日進市東山五丁目1305番地
宗派・家紋・菩提寺
宗派  浄土宗

家紋 轡(くつわ)

タイトル


轡 紋

 轡は馬の口に含ませ、手綱をつけるための金具。口輪から転化したものと考えられる。轡の両端に手綱を引く鐶があり、その形や文様にさまざまな技巧が凝らされた。轡の鐶の形には、時代によって変化があり、奈良時代頃にはS字形のもの浜菱形のものがあり、平安時代には、「杏葉轡」「十文字轡」などが用いられた。轡紋はこの鐶を紋章化したものである。ふつう丸のなかに十字形がついているものが多いが、種々の変形もある。他の馬具と同様、尚武的意義から選ばれたものだろう。しかし、江戸時代、信仰を禁じられたキリスト教徒が、轡紋のなかに十字架をカムフラージュした形跡もある。
(轡)

 
菩提寺 高岳院(こうがくいん)
    名古屋市東区泉2-21-17
    
高岳院は、徳川家康の八男、仙千代の菩提寺です。
旧国宝であった山門は、戦災で失われました。
高岳院
徳川家康の八男 仙千代の菩提を弔う高岳院. 慶長16年に清須越で現在の場所に移転
現在の高岳院の門。かっての清洲城の黒門は戦災で焼失。
 
持名山菩提心寺高岳院。
 初め甲斐国新府にあって教安寺と称した。慶長13(1608)年、家康の命により平岩新吉が、仙千代(家康の第六子、藩祖義直の舎兄、法名高岳院殿)菩提のため、清須城外に移転し高岳院と号し、家康尊崇の寂誉呑宿(教安寺八世)を開山とした。同16年、城を名古屋に遷す際、現在の地に移る。爾来国守は代々黒印を納め諸堂を修築したが、今回の戦禍により国宝山門(清須城黒門)を始めことごとく焼失した。昭和31年本堂、本年には書院、庫裡を再建。
 寺宝には徳川秀忠文書、平岩主計頭新吉の黒印等がある。檀徒には、通し矢の星野勘左衛門、絵の小田切春江、陶の平沢九郎等がいた。
「こなくりや」の前の「高岳院」は、江戸時代の地図を見ると広大な敷地を持つ大寺院であった。戦災で焼け、現在は敷地のほとんどを失い、こぢんまりとした寺になっている。 
 徳川家康の信頼の厚かった忠臣平岩親吉は、家康の八男仙千代を養子として迎えていた。親吉には嗣子が無く、平岩氏が断絶することを惜しんだ家康が、仙千代を養嗣子として親吉に与えていたのだ。
 仙千代は、文禄4年(1595)、於亀の方を母に伏見で生まれた。於亀の方と4歳まで伏見で暮らしたが、慶長4年(1599)に大坂に移り、翌年わずか6歳で早逝した。平岩親吉は、その所領のあった甲斐の国の教安寺を菩提寺として仙千代を弔った。
 慶長8年(1603)、平岩親吉は、今度は家康の九男にあたる徳川義直の後見人として、義直を養育することになる。そして義直が、慶長11年(1606)尾張徳川氏を継ぐと、親吉も義直付の家老として尾張に移り、犬山に12万石を領した。
 その際、仙千代の菩提寺を清洲に移している。さらに慶長16年(1611)の清洲越しで現在地に移転し、仙千代の法名「高岳院殿」にちなみ寺名を「高岳院」と改めた。しかし、平岩親吉もこの年の暮れに亡くなり、「平田院」に葬られた。法名「平田院殿越翁休岳大居士」。平岩氏は親吉の死をもって断絶してしまうが、そのゆかりの「高岳院」「平田院」は、尾張藩により厚く保護されている。「高岳院」の山門は、清洲城黒門を移築したもので戦前には国宝に指定されていたが、戦災で焼失した。
クリックすると元のサイズで表示します
江戸時代の地図では、「高岳院」の寺領は広大である。
図の一番右中央の赤い印の寺が「平田院」である。
 
PC160505高岳院札
戒名
「理正院徳譽義雄居士」
 
大樹寺 正面
大樹寺は、桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に敗れたとき、
今川軍についていた家康は、大高城から大樹寺へ逃げ帰えった場所です。
先祖の墓の前で自害を図ろうとした家康を思いとどめさせたたのが、
この寺の住職 登誉上人であったことは良く知られている話です。
大樹寺は歴史的にもたいへん大きな役割を果たしています。
大樹寺は、松平家(徳川将軍家の祖)、徳川将軍家の菩提寺です。
1475年 松平四代の親忠が古戦場の首塚の近くに念仏堂を設けたのが始まりです。
文明七年(1475年)に寺を建て、大樹寺と名づけました。
松平八代の墓、歴代将軍の位牌、家康73歳のときの木像などが祭られています。
松平八代の墓は家康が大樹寺に朱印状を与え、勅願所として建てさせたものです。
徳川家康が残した遺言です。
「予の遺体は久能山へ埋蔵せよ」
「位牌は三河の大樹寺へ安置せよ」。
後幕臣たちは遺言に従い、家康の位牌を収めました。
代々将軍についても同じように等身大の位牌が大樹寺に安置されています。
 

大樹寺は徳川家康のお墓(墓碑)があることでも知られています。
家康が建てさせた松平八代の墓碑郡に並んで建てられています。
徳川家康のお墓と多宝塔は、お寺の本堂に向かって左手に有ります。
お墓を抜けていかなければなりません。(小さな看板が出ています。)

この奥に松平家の墓石に並んで、家康の墓石が並んでいます。

 

新貫主ご挨拶
(平成17年9月6日入山式)
 この度、大樹寺第六十三世として晋ませていただきました、堀田岳成と申します。  私が住職をしておりました名古屋の高岳院も、徳川家康公の第八子、仙千代君の菩提寺でございますので、阿弥陀様のお導きかと勿体なく思っております。勿論、愚鈍の身ではございますが、法然上人のお喜びになられますよう心がけ大樹寺隆盛の為微力を尽くす所存でございます。
 何卒よろしくご支援ご協力賜りますようお願い申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。 
                               合掌
高岳院の前住職の堀田岳成氏は、
現在、大樹寺の貫主になられましたが、
長らく東海学園の理事長を務め、
東海学園の名誉学園長でもあります。

亡き母 野嵜 菫を偲んで

我が女房「おかあさんと私」(著野嵜義雄)より抜粋

 












 

 

我が女房「おかあさんと私」(著野嵜義雄)より抜粋

 












 

 

姉古田尚子が書いた両親の喪中ハガキ



平成11年1月18日に、
母(野嵜菫)が亡くなり、
姉(古田尚子)の年賀欠礼ハガキです。

平成16年10月23日に、
父(野嵜義雄)が亡くなり、
姉(古田尚子)の年賀欠礼ハガキです。


野嵜裕二税理士事務所 〒457-0001 名古屋市南区平子1-2-2

[代表者]税理士・行政書士・1級FP技能士・CFP・相続名義変更アドバイザー 野嵜 裕二

www.nozakiyuji.jp E-mail nozaki-y@msd.biglobe.ne.jp TEL 052-822-6300

代表  野嵜裕二           (税理士・行政書士・CFP・1級FP技能士・相続名義変更アドバイザー)

名古屋市南区平子

一丁目2番2号 2F

 

地下鉄新瑞橋駅           

   より徒歩3分

 

TEL:052-

        822-6300

受付時間:

    月~金 9~17時半

FAX:052-

           824-7792

email;nozaki-y@msd.biglobe.ne.jp

 

 

休業日

 

日曜日、祝日

盆、年末年始

 

 

対応可能な業務エリア

名古屋市マップ

 

                                                名古屋市内

名古屋市(南区、緑区、天白区、瑞穂区、昭和区、熱田区、港区、中川区、中区、中村区、名東区、守山区、東区、千種区、西区、北区)、

      名古屋市近郊

東海市、大府市、刈谷市、豊明市、安城市、東郷町、日進市、長久手市、尾張旭市、瀬戸市、春日井市、北名古屋市、清須市、あま市、愛西市など

 

 

所長税理士である私がご訪問します

 

初回相談無料、お気軽に    ご相談ください          新規のお客様募集中です! 報酬は、    リーズナブルで良心的です。

会計税務顧問 会計記帳代行

会社設立代行法人決算申告

給与計算   年末調整

個人確定申告 相続贈与申告

税務会計を通じてお客様の成功をお手伝いします。  お役に立ちます!

弁財天 商売、芸能の神

 

健康7ケ条

1.充分な睡眠

1.禁煙

1.体重の維持

1.深酒しない

1.定期的な運動

1.朝食をとる

1.間食しない

 

 

税理士 ★行政書士

ファイナンシャル・

 プランナー

(CFP・1級FP技能士

相続名義変更アドバイザー

 

税務・会計・経営相談の良きパートナー

 

誠実・安心・信頼の

名古屋の税理士

野嵜裕二税理士事務所

 

 

 

 

 

 優しい対応で

 

 

 

地図データ
地図データ ©2016 Google, ZENRIN

 

kkk150930_01card_3.jpg

 

マイナンバー 特設ページ

1人に1つ。マイナンバー(政府広報オンライン)

1人に1つ。

 

マイナンバー 社会保障・税番号制度 内閣官房(内閣官房)

総務省(総務省)

国税庁法人番号公表サイト(法人番号)

(日本税理士会連合会)

社会保障・税番号制度について(国税庁)

日本税理士連合会

名古屋税理士会

名古屋税理士協同組合

国税庁

 

日本行政書士会連合会

ひとりひとりの夢をかたちに 日本FP協会

 

相続名義変更アドバイザー

全国対応の相続税理士ネットワーク

 

 

 

http://cardweb.kingdom.biglobe.ne.jp/parts/image/lady_title_m009.gif

 

中小企業庁

中小企業庁:中小企業の未来をサポート

 

金融庁

 

財務省 Ministry of Finance Japan

 

10秒でわかる!クレジットカード適正診断