平成27年度/税制改正情報

平成27年度税制改正の概要


平成27年度/税制改正の概要

提 供: 清 文 社




このコンテンツの内容は、主として平成26年12月30日付の与党の「平成27年度税制改正大綱」及び平成27年1月14日に閣議決定された「平成27年度税制改正の大綱」に基づいています。



 I.法人税制はここが変わる!
  1. 法人実効税率の引下げ
  2. 欠損金の繰越控除制度の縮減
  3. 受取配当等益金不算入制度の縮減
  4. 法人事業税の外形標準課税の拡大
  5. 研究開発税制の見直し
  6. 所得拡大促進税制の拡充
  7. 地方拠点強化税制の創設
  8. その他の法人税制関連の改正
 II.消費税制はここが変わる!
  1. 消費税率10%への引上げ時期の延期等
  2. 国境を越えた役務の提供に対する消費税制度の見直し
  3. 外国人旅行者向け消費税免税制度の見直し
 III.所得税制はここが変わる!
  1. NISAの拡充(ジュニアNISAの創設等)
  2. ふるさと納税の拡充
  3. 国外転出をする場合の譲渡所得等の特例の創設
  4. その他の所得税制関連の改正
 IV.土地・住宅税制はここが変わる!
  1. 住宅ローン控除等の延長(消費税率引上げ時期の延長に伴う対応)
  2. 買取再販住宅に係る特例措置の創設(不動産取得税)
  3. その他の土地・住宅税制関連の改正
 V.相続・贈与税制はここが変わる!
  1. 住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置の拡充・延長
  2. 結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置の創設
  3. 教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置の延長等
  4. その他の相続・贈与税制関連の改正
 VI.国際税制はここが変わる!
  1. 外国子会社合算税制等の見直し
  2. 外国子会社配当益金不算入制度の見直し
  3. その他の国際税制関連の改正
 VII.その他の税制はここが変わる!
  1. 納税環境の整備
  2. 車体課税の見直し
  3. たばこ税の見直し


 (資料提供; 『平成27年度 ここが変わる!ことしの税制改正』  
  監修:税理士 杉田宗久 / 執筆:税理士 上西左大信、税理士 佐藤善恵



平成26年度/税制改正情報

平成26年度 税制改正情報  提供 ゆりかご倶楽部

 
法人税の改正:詳しくはクリック
所得税の改正:詳しくはクリック
資産税の改正:詳しくはクリック

 

平成26年度/税制改正の概要  提 供:清 文 社
   


このコンテンツの内容は、主として平成25年12月12日付の与党の「平成26年度税制改正大綱」及び平成25年12月24日に閣議決定された「平成26年度税制改正の大綱」に基づいています。


  

 I.法人税制はここが変わる!


〈秋の大綱【民間投資活性化等のための税制改正大綱】によるもの〉

  1. 生産性向上設備投資促進税制の創設
  2. 中小企業投資促進税制の拡充と延長
  3. 研究開発税制の拡充と延長
  4. ベンチャー投資促進税制の創設
  5. 事業再編促進税制の創設
  6. 耐震改修投資促進税制の創設
  7. 所得拡大促進税制の適用要件緩和と延長
  8. その他の法人税制関連の改正

〈年末の大綱によるもの〉

  1. 復興特別法人税の1年前倒し廃止
  2. 交際費課税制度の見直し
  3. 地方法人課税の偏在是正
  4. 国家戦略特別区域法の制定に伴う措置
  5. その他の法人税制関連の改正
 II.所得税制はここが変わる!
  1. 給与所得控除の上限の引下げ
  2. NISA(少額投資非課税制度)の整備
  3. その他の所得税制関連の改正
 III.土地・住宅税制はここが変わる!
  1. 相続財産に係る譲渡所得の課税の特例の見直し
  2. 特定の居住用財産の買換え等の特例の縮減と延長
  3. 中古住宅流通・リフォーム市場の活性化措置
  4. その他の土地・住宅税制関連の改正
 IV.相続税・贈与税制はここが変わる!
  1. 医業継続に係る相続税・贈与税の納税猶予等の創設
  2. 農地等に係る相続税・贈与税の納税猶予制度の見直し
  3. その他の相続税・贈与税関連の改正
 V.消費税制はここが変わる!
  1. 簡易課税制度のみなし仕入率の見直し
  2. その他の消費税制関連の改正
  3. 消費税率引上げに伴う転嫁対策関係
 VI.その他の税制はここが変わる!
  1. 車体課税の見直し
  2. 国際課税原則の見直し(総合主義から帰属主義へ)
  3. 猶予制度の見直し
  4. 税理士制度の見直し
  5. 国税不服申立制度の見直し

 

 (資料提供; 『平成26年度 ここが変わる!ことしの税制改正』  
  監修:税理士 杉田宗久 / 執筆:税理士 上西左大信

 

平成26年度税制改正Q&A

 

 平成26年度税制改正関連法が3月20日、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立しました。3月20日の成立は、阪神・淡路大震災の税制上の救済法案の審議の関係もあって異例のスピード成立となった平成7年(3月17日成立)に次ぐ戦後2番目の早さとなります。中心は、通常の年度改正から切り離して平成25年10月1日に決定した「秋の大綱」に盛り込まれていた景気浮揚を目的とした企業減税です。

 平成26年度税制改正法案(所得税法等の一部を改正する法律案)の要旨をみると、「本法律案は、デフレ不況からの脱却と経済再生、税制抜本改革の着実な実施、震災からの復興支援などの観点から、国税に関し、所要の施策を講ずるもの」としています。

 本稿では、デフレ不況からの脱却と経済再生に向けた財政措置と税制抜本改革の着実な実施などからの具体的な改正項目の内容をQ&A形式で解説します。


I.デフレ脱却・経済再生に向けた税制措置
 1. 復興特別法人税の1年前倒し廃止
 2. 民間投資と消費の拡大
  (1) 所得拡大促進税制の拡充
  (2) 生産性向上設備投資促進税制の創設
  (3) 研究開発税制の拡充
  (4) ベンチャー投資促進税制の創設
  (5) 事業再編促進税制の創設
  (6) 設備投資につながる制度規制面での環境整備に応じた税制(既存建築物の耐震改修投資促進のための税制措置)
  (7) NISAの使い勝手の向上策
  (8) 交際費課税の見直し
  (9) 個人事業者に係る事業再生税制の創設
 3. 地域経済の活性化(中小企業投資促進税制の拡充など)
 4. 国家戦略特区

II.税制抜本改革の着実な実施
 1. 給与所得控除の上限の引下げ
 2. 地方法人課税の偏在是正に向けた取組み
 3. 車体課税の見直し

III.復興支援のための税制上の対応

IV.納税環境整備
 1. 猶予制度の見直し
 2. 税理士制度の見直し
 3. 消費税の簡易課税制度のみなし仕入率の見直し

V.その他
 1. ゴルフ会員権等の売却損の損益通算の見直し
 2. 相続した土地等の取得費加算特例制度の見直し
 3. 医業継続に係る相続税・贈与税の納税猶予等の創設
 4. 居住用財産に係る譲渡損失の繰越控除制度の2年延長
 5. 外国人旅行者向け消費税免税制度の見直し
 6.

国際課税原則の総合主義から帰属主義への変更

 


小宮山 隆
(こみやま たかし)

國學院大學教授
税理士

国税庁長官官房監察官、東京国税局調査第一部特別国税調査官、東京国税局課税第一部訟務官、潮来税務署長、東京国税局課税第一部主任訟務官、大和税務署長などを歴任し、平成21年7月退職。同年8月税理士を開業。平成22年4月國學院大學教授に就任。

 

  平成25年度 税制改正情報  提供 ゆりかご倶楽部


法人税の改正:詳しくはクリック
・交際費等の損金不算入制度における中小法人への特例
・国内設備投資促進の為の税制
・中小企業等の経営改善に向けた設備投資促進の為の税制
・企業による雇用・労働分配(給与等支給)拡大の為の税制
・研究開発税制の見直し
所得税の改正:詳しくはクリック
・所得税の最高税率の見直し
            ・住宅取得等に関する特別措置
資産税の改正:詳しくはクリック
・相続税、贈与税の見直し
            ・小規模宅地等の特例の見直し
            ・相続時精算課税制度の適用要件の見直し
            ・教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置
その他の改正:詳しくはクリック
・受領書に係る印紙税の非課税枠の拡大
・延滞税等の税率の引き下げ
 
   

 

 

平成25年度/税制改正の概要
提 供: 清 文 社

このコンテンツの内容は、主として平成25年1月24日付の与党税制調査会の「平成25年度税制改正大綱」に基づいています。


 

 I.法人税制はここが変わる!
  1. 生産等設備投資促進税制の創設
  2. 商業・サービス業・農林水産業活性化税制の創設
  3. 所得拡大促進税制の創設
  4. 雇用促進税制の拡充
  5. 研究開発税制の拡充
  6. 環境関連投資促進税制の拡充
  7. 中小法人の交際費課税の特例の拡充
  8. その他の法人税制関連の改正
 II.所得税制はここが変わる!
  1. 所得税の最高税率の引上げ
  2. 少額上場株式等に係る非課税措置(日本版ISA)の拡充
  3. 金融所得課税の一体化
  4. その他の所得税制関連の改正
 III.相続税・贈与税はここが変わる!
  1. 相続税の基礎控除及び税率構造の見直し等
  2. 小規模宅地等の評価の特例制度の拡充
  3. 贈与税の税率構造及び相続時精算課税制度の見直し等
  4. 教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置の創設
  5. 事業承継税制の適用要件の緩和
  6. 国外居住者に対する相続税・贈与税の課税の適正化
 IV.土地・住宅税制はここが変わる!
  1. 住宅ローン減税の拡充と延長
  2. 自己資金により認定住宅の新築等をした場合の特例措置の拡充
  3. 自己資金により住宅の増改築をした場合の特例措置の拡充
  4. ローンにより住宅の増改築をした場合の特例措置の拡充
  5. その他の土地・住宅税制関連の改正
 V.消費税制はここが変わる!
  1. 平成24年8月の消費税法改正の概要
  2. 平成25年度税制改正における消費税率引上げへの対応
 VI.その他の税制はここが変わる!
  1. 延滞税等の税率引下げなどの納税環境整備
  2. 国際課税の見直し
  3. 受領書に係る印紙税の課税範囲の見直し
  4. 酒税等の見直し

 

 (資料提供; 『平成25年度 ここが変わる!ことしの税制改正』  
  監修:税理士 杉田宗久 / 執筆:税理士 上西左大信

 

平成24年度税制改正の概要 提供 清文社

 

このコンテンツの内容は、主として平成23年12月2日に公布・施行された「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律」(平成23年・第114号)及び平成23年12月10日付の政府税制調査会の「平成24年度税制改正大綱」(閣議決定)に基づいています。


 

 I.平成23年度の改正経緯と平成24年度の改正動向
  1. 平成23年度税制改正法案の経緯
  2. 復興財源のための税制措置
  3. 東日本大震災への税制上の対応(第2弾)
  4. 平成24年度税制改正案
 II.ここが変わる!ここが変わった!ことしの法人税制


  税制構築法(平成23年12月改正)・復興財源確保法による改正

  1. 法人税率等の引下げと復興特別法人税の導入
  2. 250%定率法から200%定率法への縮減
  3. 欠損金の繰越控除の使用制限
  4. 貸倒引当金制度の縮減
  5. 一般寄附金の損金不算入措置制度の縮減

  平成24年度税制改正大綱による改正案

  1. 研究開発促進税制の上乗せ特例措置の延長
  2. 環境関連投資促進税制の拡充等
  3. 中小企業投資促進税制の拡充等
  4. 交際費等の損金不算入制度の適用期限の延長
  5. 中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例の延長
  6. 復興支援措置
  7. その他の法人税制関連の改正
 III.ここが変わる!ここが変わった!ことしの所得税制


  税制構築法(平成23年12月改正)・復興財源確保法による改正

  1. 復興特別所得税の創設等

  平成24年度税制改正大綱による改正案

  1. 給与所得控除の上限設定
  2. 特定支出控除の見直し
  3. 退職所得控除の見直し
  4. その他の所得税制関連の改正
 IV.ここが変わる!ことしの相続税制


  平成24年度税制改正大綱

  1. 住宅取得等資金の贈与の非課税措置の拡充
  2. 住宅取得等資金の贈与に係る相続時精算課税制度の特例の延長
  3. 農地等を贈与した場合の贈与税の納税猶予に係る特定貸付特例
  4. 山林に係る相続税の納税猶予制度の創設
  5. 相続税の連帯納付義務の解除
  6. 相続税・贈与税の延納手続等の準備期間等の見直し
 V.ここが変わる!ことしの国際税制


  平成24年度税制改正大綱

  1. 徴収共助・送達共助に係る国内法の整備
  2. 国外財産調書制度の創設
  3. 関連者間の利子を利用した租税回避への対応(過大支払利子税制の導入)
  4. 非居住者等が受ける振替公社債の利子等の非課税制度の見直し
 VI.ここが変わる!ことしの土地住宅税制


  平成24年度税制改正大綱

  1. 認定省エネルギー建築物の住宅取得特別控除の特例の創設
  2. 認定長期優良住宅の新築等の場合の税額控除額の引下げ・延長
  3. 特定居住用財産の買換え等の特例の譲渡対価要件の引下げ・延長
  4. 居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の繰越控除の延長
  5. 特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の延長
  6. 優良住宅地造成等のために土地等を譲渡した場合の課税特例の拡充
  7. 特定事業用資産の買換え特例の縮減・延長
  8. 住宅用地に係る固定資産税の負担調整措置の見直し等
  9. 新築家屋等をめぐる固定資産税の特例の延長
  10. 不動産取得税の軽減措置等の延長等
  11. その他の土地住宅税制関連の改正
 VII.ここが変わる!ことしの環境税


  平成24年度税制改正大綱

  1. 車体課税の見直し
  2. 地球温暖化対策のための税の特例措置の導入
 VIII.ここが変わった!ことしの納税環境整備税制


  税制構築法(平成23年12月改正)による改正

  1. 更正の請求期間の延長等
  2. 税務調査手続の見直し
  3. 処分の理由附記の範囲拡大

 

  付録  社会保障と税の一体改革素案による税制抜本改革
   
  1. 消費課税
  2. 個人所得課税
  3. 資産課税
  4. 地方税制
  5. その他

 

 (資料提供; 『平成24年度 ここが変わる!ことしの税制改正』  
  監修:税理士 杉田宗久 ・ 執筆:税理士 上西左大信

 

平成24年度税制改正情報のポイントなら、 

http://tool.yurikago.net/1061/yurikago/

 

このコンテンツの内容は、平成23年6月30日に公布された「現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための所得税法等の一部を改正する法律」(第82号)並びに「現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための地方税法等の一部を改正する法律」(第83号)と平成23年4月27日に成立した「東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律」(第29号)、「地方税法の一部を改正する法律」(第30号)とその関連法令・通達・告示等に基づいています。

 

I.平成23年度税制改正案の動向

  1. 「税制整備法」並びに「税制整備地法」により成立した主な改正事項
  2. 「税制構築法案」並びに「税制構築地法案」により継続審議となっている主な改正事項
  3. 税制整備法による期限切れ租税特別措置等の取扱い
  4. 税制整備地法による期限切れ負担軽減措置等の取扱い
 II.法人税制改正のポイント
  1. 雇用促進税制の創設
  2. グリーン投資減税の創設
  3. 総合特区制度・アジア拠点化推進のための税制の創設
  4. 会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の導入に伴う措置
  5. 100%グループ内の法人に係る税制等についての見直し
  6. その他の法人税制関連の改正
 III.国際課税制度改正のポイント
  1. 移転価格税制の見直し
  2. その他の改正
 IV.消費税制改正のポイント
  1. 事業者免税点制度における免税事業者の要件の見直し
  2. 仕入税額控除の「95%ルール」の見直し
 V.金融証券税制改正のポイント
  1. 金融証券優遇税制の延長等
  2. ストックオプション税制の見直し
  3. 「日本版プランド・ギビング信託」に係る利子所得の非課税の創設
 VI.土地住宅税制改正のポイント
  1. 既存住宅に係る特定の改修工事をした場合の所得税額の特別控除等の見直し
  2. 特定の資産の買換えの場合等の課税の特例の見直し
  3. 高齢者の居住の安定確保に関する法律の改正に伴う見直し
  4. 不動産の譲渡に関する契約書等に係る印紙税の負担軽減措置の延長
  5. 住宅用家屋の所有権の移転登記等の登録免許税の税率の軽減措置の延長
  6. その他の土地住宅税制関連の改正
 VII.相続・贈与税制改正のポイント

 

1.  連帯納付義務の履行に係る延滞税の特例の見直し
2.  直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例の適用対象住宅取得等資金の範囲の拡充
3.  非上場株式等に係る相続税・贈与税の納税猶予制度の運用見直し
4.  「保険年金」に係る最高裁判決を受けた対応

 

 VIII.所得税制改正のポイント
  1. 年金所得者の申告手続きの簡素化
  2. 所得税の確定申告書の提出期間
  3. 源泉所得税の納税地
  4. 「金地金等」の譲渡の対価に係る支払調書の提出義務
 IX.市民公益税制改正のポイント
  1. 所得税の税額控除制度の導入
  2. NPO法人の要件の見直し
  3. 地域において活動するNPO 法人等の支援(個人住民税)
 X.その他税制の改正のポイント
  1. 租税罰則の見直し
  2. 事前照会に対する文書回答制度の見直し
  3. 還付加算金の計算期間の見直し
  4. 法定調書の光ディスク等による提出義務の創設
  5. 官公署等に対する協力要請(照会)規定の整備

 

 (資料提供; 『平成23年度 ことしの税制改正のポイント』  
  監修:税理士 杉田宗久 ・ 執筆:税理士 上西左大信

 

野嵜裕二税理士事務所 〒457-0001 名古屋市南区平子1-2-2

[代表者]税理士・行政書士・1級FP技能士・CFP・相続名義変更アドバイザー 野嵜 裕二

www.nozakiyuji.jp E-mail nozaki-y@msd.biglobe.ne.jp TEL 052-822-6300   

代表  野嵜裕二           (税理士・行政書士・CFP・1級FP技能士・相続名義変更アドバイザー)

名古屋市南区平子

一丁目2番2号 2F

 

地下鉄新瑞橋駅           

   より徒歩3分

 

TEL:052-

        822-6300

受付時間:

    月~金 9~17時半

FAX:052-

           824-7792

email;nozaki-y@msd.biglobe.ne.jp

 

 

休業日

 

日曜日、祝日

盆、年末年始

 

 

対応可能な業務エリア

名古屋市マップ

 

                                                名古屋市内

名古屋市(南区、緑区、天白区、瑞穂区、昭和区、熱田区、港区、中川区、中区、中村区、名東区、守山区、東区、千種区、西区、北区)、

      名古屋市近郊

東海市、大府市、刈谷市、豊明市、安城市、東郷町、日進市、長久手市、尾張旭市、瀬戸市、春日井市、北名古屋市、清須市、あま市、愛西市など

 

 

所長税理士である私がご訪問します

 

初回相談無料、お気軽に    ご相談ください          新規のお客様募集中です! 報酬は、    リーズナブルで良心的です。

会計税務顧問 会計記帳代行

会社設立代行法人決算申告

給与計算   年末調整

個人確定申告 相続贈与申告

税務会計を通じてお客様の成功をお手伝いします。  お役に立ちます!

弁財天 商売、芸能の神

 

健康7ケ条

1.充分な睡眠

1.禁煙

1.体重の維持

1.深酒しない

1.定期的な運動

1.朝食をとる

1.間食しない

 

 

税理士 ★行政書士

ファイナンシャル・

 プランナー

(CFP・1級FP技能士

相続名義変更アドバイザー

 

税務・会計・経営相談の良きパートナー

 

誠実・安心・信頼の

名古屋の税理士

野嵜裕二税理士事務所

 

 

 

 

 

 優しい対応で

 

 

 

地図データ
地図データ ©2016 Google, ZENRIN

 

kkk150930_01card_3.jpg

 

マイナンバー 特設ページ

1人に1つ。マイナンバー(政府広報オンライン)

1人に1つ。

 

マイナンバー 社会保障・税番号制度 内閣官房(内閣官房)

総務省(総務省)

国税庁法人番号公表サイト(法人番号)

(日本税理士会連合会)

社会保障・税番号制度について(国税庁)

日本税理士連合会

名古屋税理士会

名古屋税理士協同組合

国税庁

 

日本行政書士会連合会

ひとりひとりの夢をかたちに 日本FP協会

 

相続名義変更アドバイザー

全国対応の相続税理士ネットワーク

 

 

 

http://cardweb.kingdom.biglobe.ne.jp/parts/image/lady_title_m009.gif

 

中小企業庁

中小企業庁:中小企業の未来をサポート

 

金融庁

 

財務省 Ministry of Finance Japan

 

10秒でわかる!クレジットカード適正診断