概要 (提供 ゆりかご倶楽部)

企業には様々な性格や考え方を持った人達が集まり、その人達が共同することによって一つの組織体を形成しています。 
そのような環境下、企業の繁栄という目的に向かって集団で進むにあたり、組織を維持・運営するために企業内のルール作りがとても重要になってきます。そのルールが「社内規程」です。ここでは、その社内規程の中でも中心的な存在であって、特に重要となる「就業規則」について説明いたします。

  国に行政機関や国民が守らなければならない決まりを定めた憲法や法律があるように、企業でも経営者や従業員が秩序をもって行動し、組織を健全に運営・維持していくために「就業規則」があります。この規則では、従業員が守らなければならない職場規律や就労するにあたっての労働条件などを具体的に定めます。

 

常時10人以上の従業員を雇用している企業(事業所)は就業規則を作成し、所轄の労働基準監督署長へ届け出する義務があります。
 
  常時雇用している従業員には、正社員のみならずパートタイマーや臨時雇用者も含みます。
 
  作成する企業は、事業所単位でみます。つまり、本社や支社、出張所がある場合にはそれぞれの事業所で作成義務が生じます。
 
  常時10人以上従業員がいない事業所には作成義務はありませんが、社内の管理や意思統一、従業員のやる気を引き出したり、良い労使関係を保つ意味でも作成しておくことが望ましいです。

次の事項は就業規則中、必ず盛り込まなければならない項目です。
 (絶対的必要記載事項)
 
a  労働時間に関する(始業・終業時刻、休憩時間、休日、休暇など)事項
b  給与に関する(賃金の決定、計算と支払い方法、締め日と支払い日、昇給など)事項
c  退職に関する事項
 
  退職手当、賞与や最低賃金、食費や作業用品の負担、安全衛生、職業訓練、災害補償や業務外の疾病扶助、表彰や制裁などの項目については、事業所の全従業員に適用される定めがあれば必ず記載しなければなりません。(相対的必要記載事項)

届け出に際し、従業員の意見を聴き、意見書を添付して届け出なければなりません。
 
  従業員の意見とは、従業員の過半数で組織された労働組合がある企業はその労働組合、ない企業は過半数を代表する者の意見のことです。
 
  意見書には必ずしも「同意する」旨の記載がなくても構いません。例えば、「第○条の夏季休暇は×日欲しい」といった記載でも大丈夫です。しかし、労使が守る決まりとしての就業規則ですからお互い話し合い、合意したうえで届け出されることが望ましいでしょう。

届け出た就業規則は従業員に周知しなければなりません。
  周知の方法としては、一人一人に渡すのが望ましいですが、常時職場に備え付けるなどして従業員がいつでも見れる環境にしておいてください。

上記1~4に反すると、罰則(30万円以下の罰金)があります。
 
  • 就業規則の形式は特に決まっておりませんが、就業規則の中にすべての項目を網羅して1冊にして作成しても構いません。あるいは、就業規則を基本となる本則として、給与規程や退職金規程、育児介護休業規程などを別規程として、詳細に定めても構いません。
  • 雇用形態の多様化により正社員のみならずパートタイマーや嘱託など様々な勤務体系が一企業内で生じております。混乱を避けるためにもそれぞれの従業員ごとに実状にあった規則を作成することをお薦めします。
  • わかりやすい表現で、企業の実情にあった内容の規則となるよう心がけて作成してください。

 

  所轄の労働基準監督署長

 

 

  ・就業規則届出書
・意見書

 

 

 

 

社内規程データベース

ここでは、32種類の社内規程(ひな形)をご提供します。マイクロソフト社Word版にて直接入力をし、印刷してご利用頂くことができます。

 


これらの社内規程データベースは、あくまでもモデルであり、各企業の実状に必ずしも合致するものではありません。
このまま当規程を使用されることは、適当でありませんのでご注意ください。

 

社内規程シュミレーション

 

 

就業規則がある場合は現在記載されていることについて、これから作成される場合は記載する予定のことについて、以下の質問事項にお答えください。
現在ある社内規程に対しての診断、あるいはこれから作成する際のアドバイスをします。

 

1
採用および服務規律に関する定めがありますか。
  はい  いいえ
2
労働時間に関する(始業・終業時刻、休憩時間、休日、休暇など)定めがありますか。
  はい  いいえ
3
労働時間について休憩時間を除き、1日8時間、1週40時間以内の定めがありますか。
  はい  いいえ
4
入社6ヶ月経過後、年次有給休暇を与える定めがありますか。
  はい  いいえ
5
育児休業・介護休業に関する定めがありますか。
  はい  いいえ
6
女性の妊娠中および出産後の健康管理に関する定めがありますか。
  はい  いいえ
7
セクシャル・ハラスメントを禁止する定めがありますか。
  はい  いいえ
8
給与に関する(賃金の決定、計算と支払い方法、締め日と支払い日、昇給など)の定めがありますか。
  はい  いいえ
9
時間外労働・深夜労働に対しては25%以上、法定の休日労働に対しては35%以上の割増賃金を支払う定めがありますか。
  はい  いいえ
10
配転・出向・転籍・休職・復職の定めがありますか。
  はい  いいえ
11
退職に関する定めがありますか。
  はい  いいえ
12
定年について、以下のいずれかに該当するのであれば「はい」を、いずれにも該当しないのであれば「いいえ」で回答してください。
①定年を定めてあり、定年は60歳以上である。
②定年の定めをしていない。
  はい  いいえ
13
安全衛生および災害補償に関する定めがありますか。
  はい  いいえ
14
表彰および懲戒に関する定めがありますか。
  はい  いいえ
15
パートタイマーや嘱託についての別規程がありますか。
   はい  いいえ

すべての質問に回答されましたら
「シミュレーション」ボタンをクリックして下さい。


 

  

 

野嵜裕二税理士事務所 〒457-0001 名古屋市南区平子1-2-2

[代表者]税理士・行政書士・1級FP技能士・CFP・相続名義変更アドバイザー 野嵜 裕二

www.nozakiyuji.jp E-mail nozaki-y@msd.biglobe.ne.jp TEL 052-822-6300

代表  野嵜裕二           (税理士・行政書士・CFP・1級FP技能士・相続名義変更アドバイザー)

名古屋市南区平子

一丁目2番2号 2F

 

地下鉄新瑞橋駅           

   より徒歩3分

 

TEL:052-

        822-6300

受付時間:

    月~金 9~17時半

FAX:052-

           824-7792

email;nozaki-y@msd.biglobe.ne.jp

 

 

休業日

 

日曜日、祝日

盆、年末年始

 

 

対応可能な業務エリア

名古屋市マップ

 

                                                名古屋市内

名古屋市(南区、緑区、天白区、瑞穂区、昭和区、熱田区、港区、中川区、中区、中村区、名東区、守山区、東区、千種区、西区、北区)、

      名古屋市近郊

東海市、大府市、刈谷市、豊明市、安城市、東郷町、日進市、長久手市、尾張旭市、瀬戸市、春日井市、北名古屋市、清須市、あま市、愛西市など

 

 

所長税理士である私がご訪問します

 

初回相談無料、お気軽に    ご相談ください          新規のお客様募集中です! 報酬は、    リーズナブルで良心的です。

会計税務顧問 会計記帳代行

会社設立代行法人決算申告

給与計算   年末調整

個人確定申告 相続贈与申告

税務会計を通じてお客様の成功をお手伝いします。  お役に立ちます!

弁財天 商売、芸能の神

 

健康7ケ条

1.充分な睡眠

1.禁煙

1.体重の維持

1.深酒しない

1.定期的な運動

1.朝食をとる

1.間食しない

 

 

税理士 ★行政書士

ファイナンシャル・

 プランナー

(CFP・1級FP技能士

相続名義変更アドバイザー

 

税務・会計・経営相談の良きパートナー

 

誠実・安心・信頼の

名古屋の税理士

野嵜裕二税理士事務所

 

 

 

 

 

 優しい対応で

 

 

 

地図データ
地図データ ©2016 Google, ZENRIN

 

kkk150930_01card_3.jpg

 

マイナンバー 特設ページ

1人に1つ。マイナンバー(政府広報オンライン)

1人に1つ。

 

マイナンバー 社会保障・税番号制度 内閣官房(内閣官房)

総務省(総務省)

国税庁法人番号公表サイト(法人番号)

(日本税理士会連合会)

社会保障・税番号制度について(国税庁)

日本税理士連合会

名古屋税理士会

名古屋税理士協同組合

国税庁

 

日本行政書士会連合会

ひとりひとりの夢をかたちに 日本FP協会

 

相続名義変更アドバイザー

全国対応の相続税理士ネットワーク

 

 

 

http://cardweb.kingdom.biglobe.ne.jp/parts/image/lady_title_m009.gif

 

中小企業庁

中小企業庁:中小企業の未来をサポート

 

金融庁

 

財務省 Ministry of Finance Japan

 

10秒でわかる!クレジットカード適正診断